ダイニングテーブルのサイズについて

ダイニングテーブルは、家具としては大きいほうにカテゴライズされます。ですから、どこに置くかによってかなり雰囲気が変わってきます。
置く場所を決めるには、ダイニングテーブルのサイズを決める必要があります。


まずは、「置けるサイズ」と「置きたいサイズ」の二つを決めましょう。

前者は、物理的なスペースを基に考え、後者は家族構成などを基に考えて行きます。

両者が決まったら、以下のポイントをチェックして行きます。



「天板のサイズ」。

天板は、ダイニングテーブルの要ともいえるパーツです。
食事を置いた状態を基本として、どのくらいのサイズがよいかを考えます。


小さすぎると、狭苦しい状態で食事をしなければならないので、若干大きめにすべきです。


2人用であれば80cm×80cm、4人用であれば135cm×80cmくらいがだいたいの目安です。

円形の天板にする場合は、2人用で直径80cm、4人用で直径130cmくらいです。
その他、「隣の人と肘が当たらないか」「真ん中に調味料を置いた状態で手が届くか」などの点もチェックしましょう。



次は、「高さについて」。

これは、用途によって異なってきます。


「食事をする時」「パソコンを使う時」などは、高いほうが便利です。
ただし、その分椅子の座面も高くなるので、足が浮かないかということもチェックする必要があります。「小さい子供がいる時」などは、低いほうが便利です。

無垢のダイニングテーブルのお役立ちコンテンツ満載です。

子供用の椅子があれば、それと高さを合わせるのもよいでしょう。